楽しいこと,好きなこと


by syunbike

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

杵築オフ会

29日の杵築オフ会、夜7時よりたびちゃん、カルロスさんに私と奥方の4人で始める
ビールで乾杯して刺身をつついていると20分遅れで、のりちゃん登場、今回のメンバー
全員揃いました。
刺身の盛り合わせにモズク、揚げ出し豆腐、リュウキュウ、トリテン、イカのオリーブオイルあえ
最後に寿司と注文して満足でした。
話は旅行の事、なにしろその道の達人ばかりなので盛り上がりました。
ビールが入ってのりちゃんが来たら写真を撮ろうと考えてましたが、頭から飛んでしまってて
失敗でした。正気なうちに取っておくべきでした。反省(毎度ですが)
のりちゃんは10時過ぎの特急で帰るため奥方が送っていきました。
男3人は例のお化け屋敷に顔を出す、それでも12時前にはホテルに送り届けて私も無事帰り、今回は完璧でした。

30日はたびちゃんとカルロスさんを連れて観光をするつもりでしたが、たびちゃんは友達が
来てレンタカーで別行動をするとのこと、カルロスさんの希望の耶馬溪を見に行く事に
まずは九重の龍門の滝に行って奥の方から耶馬溪を案内する事にした。
滝にいたカゲロウの一種だろうか。
b0124685_19514491.jpg

龍門の滝、夏は滝すべりで有名ですが今はシーズンオフで閑散としてます。
最近は雨が多いので水量も多くて迫力がありました。
b0124685_1952044.jpg

深耶馬渓を通って耶馬溪に、新緑も綺麗ですがやはりメインは紅葉の季節ですね、
青の洞門の一方通行信号で泊まってる最中に撮りました。
b0124685_19521333.jpg

道中カルロスさんは隣で寝てましたが、中津駅で下ろして帰る最中あまりに眠いので
1時間ほど仮眠して帰りました。
[PR]
by syunbike | 2008-05-30 20:13 | 無題

おまた~~!

毎日真面目に仕事ばかりしてると、ネタが切れてしまう。
今朝方まで雨が降っていたのに、目覚めると日が差している、よ~し今日は象さんで
ツーリングとしよう。
若旦那のブログでオートポリスでロードレースが開催されると書いてあったので
行くだけ行ってみて、隣の高台で見学しようと甘い作戦でした。
久しぶりに行くと隣の高台に行けなくなってる、向かいの高台に停めて見たけど
霧にかすんでレースはやってるみたいだけど、音ばかり当てが外れてしまった。
b0124685_18411134.jpg

すでに11時半だし、これから高い入場料を払ってまで見る気はしないので、Uターンしようと
キーをまわそうとしてメーターを見たら30007キロになってる、19000キロで買ったので
2年乗って1万キロチョット、去年の春は一週間で2000キロも乗りましたので、あの時だけで
2年間の走行距離の5分の1は走ったんだ。
b0124685_18412128.jpg

大観望のあたりまで戻るとすっかり霧は晴れています。
どこで昼飯を食べようかと考えてましたら、そうだベア~の宇田さん所によってみようと
進路をワイタ山方面へ
b0124685_18413375.jpg

オープン前に皆とバイクで寄って以来です、途中500メーター程未舗装ですが
丘のテッペンに山小屋風のレストラン、部屋の中から外を
b0124685_18415199.jpg

福岡でカレー屋さんをやってたので料理は美味しいです、景色も山しか見えません
雲が無ければ隣にワイタ山が見えることでしょう。
こんな山の中で成り立ってるのか心配しましたが、私が行った時にすでに先客が2組
その後もう1組入ってきた、地元の方も時々来るそうです。
食事の後他のお客さんが皆帰ったので、コーヒー飲みながら店作りの苦労話を聞きました。
帰りに店の全景を撮ろうと思ってましたら、見送ってくれたので無様な格好は見せられないと
走りにばかり気が行っていて撮り忘れました。
料理も食べてる途中に思い出して撮ったから、すでに半分消えてます。
b0124685_1842318.jpg

バイクのメッカ大観望周辺を走りますとビッグバイクや珍しいバイクのオンパレード。
それらと比べてみましても象さんオーソドックスなスタイル、丸いライトが並んでて
迫力は無いけど愛嬌はある、切れは無いけど安定感はある。
750だけど、縦が長いので見た目は大きい、もう少し軽いという事無いけど。
今日は300キロほど走って帰り着きました。
b0124685_1845881.jpg

[PR]
by syunbike | 2008-05-25 18:57 | バイク

もえぎいろと打ったら萌黄色と漢字が出てきた、便利なもんです。

連休が終わったと思ったらもう月半ば、土曜日の夜に建築士会の飲み事があって昨日は
一日寝て過ごしてしまった。
天気が良かったのに勿体無い事を、象さんに乗ろうと思ったけど、思っただけでシートカバーもめくれなかった。
窓の外の緑色が眼にしみました。

少しくらい体調が悪くてもバイクに乗れば何とかなってたけど、世間で言う還暦が近くなると
さすがに寝て過ごすなどと軟弱なセリフが出るようになってしまった。
去年と比べても今年の調子は近年最悪、仕事でケチがついて風邪が原因なのか鼻の調子が
イマイチのまま、スカスカして鼻の奥が乾燥気味で息をするのも痛いくらい。
普段の生活をするには何の影響も無いけど、今までに経験が無い事なので調子が狂う
骨折の方が直りが早いくらい、直りそうで直らないチョット悪いってのはイライラしますね。
b0124685_20273610.jpg

[PR]
by syunbike | 2008-05-19 20:40 | 風景

ビンテージMX

どちらもスズキのモトクロッサー、年式はシルバーの方がRH69ぐらいだろうか
赤ゼッケンが6番だと吉村太一か矢島金次郎が乗っていたのでは、当時はダウンマフラー
全盛期で今の形になるのはモノサスが出てからです。
スズキカラーの黄色になるのは世界選手権でロベール、デコスタあたりが活躍してから
だったような。
b0124685_17372145.jpg

空冷の250ccポーラスメッキシリンダー、砂型から出来た荒削りのまま使用してました。
ノーマルに比べるとエンジンの伸びが良く、熱ダレしなくて雲泥の差でした。
当時の金でも2万円はしたような記憶が。
キャブも32mmくらいのが付いてるのでしょう、前後のバンドのネジを緩めるとキャブを
横向きにしてメインジェットの交換が出来ました。
b0124685_17373548.jpg

こちらは125ccでしょう、ロータリーバルブなのでキャブは横についてます。
それでエアクリーナーが変な形についてます、工場レーサーらしくオリジナルのケース
でしょう、赤ゼッケン1番だと吉村太一か上野広一もしかするとガストンライエかも。
b0124685_17374845.jpg

私がモトクロスを始めた頃の花形マシンです、今のマシンのスマートさから比べると
とても工場マシンとは思えないけど、当時はマシンの性能差は今の比ではなくて
まるで別物でした。
それだけに憧れも大きくて、少しでも近づこうと生活を切り詰めて部品を買ってました。
現在のマシンは工場マシンと変わらない性能が出てるし、セッティングも完璧です、
昔はメインジェットを天気,高度で使い分けてました、ミスすれば焼け付いたり
故障も多かったけど楽しかったのは、昔のような気がする。
[PR]
by syunbike | 2008-05-15 18:44 | バイク

ミュージアム

湯布院のインターを降りて街へ向かって中間地点の道路沿いに岩下コレクションがある、
主に古いバイクとポスターなど、いつも横は通り過ぎてたけど入った事は無かった。
時間つぶしの為に入ったのだが、意外と面白くて気に入りました。
なぜかセーバージェット機の胴体にF!とアメ車、この組み合わせは刺身とハンバーグとたこ焼きが同時に出てきたみたいな。
b0124685_18482520.jpg

2階はバイクのみが150台並んでいる、戦前戦後のバイクから日本がバイク王国になる
きっかけになった名車の数々、好きな者には堪らない。
b0124685_18485120.jpg

なぜかモンローの等身大のマネキン、そのへんも好きそう。
b0124685_18491820.jpg

レトロなポスターもある、入場料は600円だったけど、変な美術館より楽しめた。
写真撮影オッケーなのも嬉しい、この入場券を持っていると次回からは300円だそうだ。
b0124685_18492838.jpg

英国風の立派なカウンターで飲む300円コーヒーは旨い。
b0124685_19135669.jpg

なんでもありの賑やかさで、芸術まではいかないけれど捨てがたい面白さでした。
[PR]
by syunbike | 2008-05-12 19:19 | バイク

アートプラザ

昨日、大分の友人から壁から雨が漏るというので見に行った。
どうも上のほうから伝わってきてるみたいなので、今日は雨も上がったのでハシゴを持って外から壁と屋根の状態を見た、古い板金が腐って穴が空いている。これなら漏るはずだ。
住人はイベントがあって、アートプラザなる所でミニバザーみたいな催しに参加してるので報告に行く。
昔の県立図書館を模様替えした、取り壊しの話も出ていたけど保存する事になった磯崎新設計の建物だ。
b0124685_2011661.jpg

友人を探していると知り合いに出会う、去年家を改造した奥さん、これまた友人の娘さん
手作りロウソクを売っていた、孫がもうすぐ1歳になるのでドラえもんのロウソクを買った。
b0124685_2013255.jpg

話していると後ろから呼ばれた、振り返ると国見のラ、パロマの中野さんが花粉症で
顔中マスクになりながらにこやかに笑ってた。
今日は息子の付き添いで来てるという、サルやカッパ独特な鬼の面を陶で作って売っていた。
b0124685_20283472.jpg

肝心の探してた友人も2つ先に店を出していた、デジカメで撮ったのを見せて修理方法を説明して会場を後にした。会場の外に飾ってあったバイクのアートなのだろうか。
b0124685_2014452.jpg

外に出ると肌寒い、目の前にある府内城の堀が風情があるので撮る。
b0124685_20424917.jpg

[PR]
by syunbike | 2008-05-11 20:40 | 趣味

九州ノンビリ縦断

5月3日ハイエースにWRを積んで出発、奥方が「ふ~~ん車で行くの、昔はバイクじゃないと
旅じゃないみたいな事言ってたのにね」と忘れてる痛いところを付いて見送ってくれた。
変な所だけ記憶力が良いので、調子の良い事言いがちな自分に自重を肝に銘ずる。
良い天気だ出来るだけ交通量の少ない塚原、日出生台、九重、宝泉寺、小国と
高速は使わないで貧乏人コースで阿蘇大観望まで行く。
行き交うバイクの多いこと、イージーライダーからアメリカンパトロールまで値段の良さげな
バイクのオンパレード、私らとは話の合わない連中です。
b0124685_16333993.jpg

熊本空港の下を抜けて443号線で宮原町まで着いてしまった、スーパーがあったら
買出しをしようと思ったけどコンビニすらない。
仕方が無いので一度街中に出て今晩の食材を買い込む、県道25号を五木村方面に走り
大通峠から左に曲がって尾根を8キロほど行くと目的地の端海野キャンプ場がある
3時前には着いてしまった。
管理人は不在、勝手に泊めることなど出来ない小心者のA型人間、道路の広い所に停めて
2時間ほど林道散策に出かけることにする。
b0124685_16335651.jpg

最初の林道は3キロほど入ったところで林道作業中の看板が誰もいなかったけど自粛して
Uターン、丁度キャンプ場の尾根の反対側を下る、ガレ気味の林道です。
b0124685_16344225.jpg

林道の出口近くの杉木立の中、シマシマの影の中を走る。
b0124685_1635123.jpg

一度県道に出て再度キャンプ場方面に向かう林道に入る、尾根伝いの走り易く快適で
新緑が綺麗な林道でした。
b0124685_16351494.jpg

キャンプ場に戻ると管理人も事務所にいた、お金を払おうとすると後で回収に来るという
場所は気に入った所に停めていいそうなので、トイレに近い平らな所に決めた。
今日の宿泊客は私と家族連れ2組と、広いキャンプ場には勿体ないくらいのユトリ。
息子が我が家に置き忘れていった、小さな炭焼きコンロを持参して一人焼肉大会。
管理人が一人寂しく立っていたので焼肉にさそう、なんでももう一組予約が入ってるのに
到着してない福岡からのお客らしい、もう夜の7時になってる。
背が小さくてそのうえ足がビッコのそれでも律儀な親父、家に帰っても一人と言うので
一緒に宴会した、勿論親父は酒抜きです。

親父の苦労話を聞いた、小学校4年で怪我から足にばい菌が入って2年間寝たきりになった事
学校は小学校4年までしか行ってない、それでも山師になり枝打ちやチェンソウを使って切り出しをしたらしい、この辺の山は険しいのでワイヤーで材木を吊り出す索道の免許も取ったとか、五木のダム工事の河川改修の工事関係の免許も取ったらしい、昭和22年に怪我で学校に行けなくなったと言うから、71,2歳だろうか、澄んだ大きな目は本当の事を言ってるのだろう、
なによりキャンプ場のトイレの綺麗な事、磨き上げている,それに広いキャンプ場の草きりが出来ている、小さくて不自由な体で泣き言も言わないで黙々と仕事をする。
管理料は5月から10月までの6ヶ月で60万だという、自宅から片道27キロ毎日通う凄い男。
親父の写真は撮り忘れたけどお気に入りのキャンプ場になりました、今度また行きます。
b0124685_16354360.jpg

今日は予約の人は来ないんだろうと言いながら帰ったのは10時だった。

朝9時に親父は来てない、出かけようとする時に丁度やってきた、部落の寄りがあったという
顔を見られて良かった。
その親父の五木村、道路の上から望む、ダムを作るかどうかでもめているけど、街は上にあがってしまった、残っているのは工事関係ばかりなんとも複雑。
キャンプ場の近くは携帯の電波の届かない地域だったので電源を切っていた、気がついてオン
b0124685_1636315.jpg

人吉の市街を抜けて221号でえびの方面に行きたいのに、お城の前の橋を渡ってもう一つ
下流の橋を戻ってそのまた下流の橋でとジグザグに走って思いがけない人吉観光、あげくが
267号で方向が違う、市内に標識が無くてナビの無い人泣かせ。
地図で見ると221方面に行ける県道を見つけて行ったけど、大畑方面抜けるのに難儀をしました。
えびのから霧島バードラインの広くなったり狭くなったりする登り道を、彼女に運転させて
横に乗ってるフザケタ男の行動に注意しながら峠まで着いた、混雑した峠のここから鹿児島側に行きたかったのにガードマンの誘導に従ってたらどうも宮崎側に下りてるみたいだ。
東国原の手の者に違いない。
b0124685_1636254.jpg

昼飯を食いながらマップ片手に今日のキャンプ場探しに、昨日のような客が少なくて綺麗な
所がベストなのだが、大口市の十曽キャンプ場に目星をつける。
市内のスーパーで買出しをしてからキャンプ場へ、3時に着いたけどマタマタ管理人がいない
チョット昼寝のつもりがつい寝過ごして5時になっていた。この奥にある10キロほどの林道を
走る予定にしてたのが明日の朝にする事にした(これが大失敗)
いくら待っても管理人が来ないので散歩してる人に聞いたら、管理人は来ませんよとアッサリ
そんなことなら走っとけば良かった。
時間つぶしに散歩して隣にある十曽池、親子連れが釣りを楽しんでました。
b0124685_1636441.jpg

キャンプ場の中には入れづに広い駐車場の大きな木の下に停めてバーべキュウを
仲間がいるかと期待して買い込んだら空振りでした。
おまけに夜からは豪雨、コンロも椅子も出しっぱなしでずぶ濡れ、おまけに朝走る計画も挫折。
b0124685_1638133.jpg

雨で予定が狂ったので、早めに出発して今日の予定地の江無田高原に着いてから御所方面の
林道でも走ろうかと目論む、268号を北上して3号線に入る。
国道が混み出したので、宮原町から443号を通って218号へ、しかし昼を過ぎても雨が止まない相変わらず小雨状態、雨を想定してなかったので合羽は持たないし時間も早かったので
キャンプ場だけ見て素通りした。
この後2,3箇所見たけど高かったりイマイチだったりで、結局阿蘇まで戻ってバイクで何度も
横は通った事のある鍋平キャンプ場にした。
b0124685_16383455.jpg

昨夜はセロー、XR氏二人と鍋をした、身軽に2泊3日のセロー氏に比べて、荷物てんこ盛り
行商人風のXR氏名古屋から2週間の九州旅行で、屋久島まで行くらしい。
真面目な人なんでしょうバイクのくせに道具の出ること、ツーリング談義が11時まで
さすがに阿蘇は寒い、積んでる毛布を全部使った、1枚で済んだ鹿児島とは大違いでした。
7時には身軽なセロー氏は出発した、XR氏と私は同じくらいの9時でした。
火の国ED会場でワラビを採って、奥方へのゴマスリも、宇田さんの店の看板も出ていた
今度ユックリした時に行ってみよう。
[PR]
by syunbike | 2008-05-06 16:38 | バイク

チョイ昔

日付の出てるフィルムもいいもんだ。
ついこの前とか思ってたけど、14年も前になるんだ。
確か途中まではカオルさん達と一緒でテントとか持っていたのだけど、別行動になって分かれるときに荷物になるので車で来てたグループに預けてしまった。
P助選手と二人になって、身軽に走れると一路大隈半島へ向かう(今はRMXが定番のP助君赤いCRMだったんだ、私はXR600でした)
日中はお日様も出ていて快調だったのだけど、内之浦の林道に入ったくらいから
スコール状態になった。
林道が川状態、合羽など役に立たない、南国といえども5月の雨は寒い
b0124685_11151882.jpg

内之浦に着いてから公衆電話で(今なら携帯でしょうが)宿に片っ端から電話したけど
どこも満員で断られる、どうも連休目当ての釣り客でイッパイみたいだった。
仕方が無いのでどこか避難場所でもと探していると、丁度良い具合に農協の倉庫の
深い軒が出ていたのを発見して、まずは雨宿りの写真。
宿は無さそうなのでそのままコンテナで囲んで部屋を作って仮の宿
晩飯を買いだしに行く時についでにロウソクを買ってきて、明かり兼服を乾かした
股の下にロウソクを10本程Uの字型に立てて、股火鉢ならぬ股ロウソク下半身が乾くと
人間気持ちが良いもんです。
布団も無いのでダンボールを布団代わりに睡眠しました、結構寒かったです。
次の日は快晴で九州山地をジグザグに林道を網羅して660キロ走って帰り着きました。
あの頃は元気が良かった、ねっP助君。

さすがに14年も経つとそんな元気は無い、ハイエースをベースキャンプにWRで
走り回ってきます。
[PR]
by syunbike | 2008-05-02 11:43 | バイク