楽しいこと,好きなこと


by syunbike

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

五里霧中

2ヶ月に一度は大分医大の眼科で目の調子を見てもらってます。
今日は診察日でしたので、診察時間の1時間前には着くように家を出たのです
が欠陥高速道路が霧の為通行止、そのせいか10号線が日出豊岡あたりから
渋滞大分弁で言うイッスンズリ、時間ばかりが過ぎて行く、やや焦る。
気の長い私は即、脇道(裏道)を行こうと自前脳GPSで決断して
ゴマガ坂から右折してAPUの下に出て明礬から横断道路へ、志高湖の入口
から由布川渓谷へ下って尾根筋を通って医大の裏手に到着、診察時間の15
分前に日出から45分で着いた。早かったか遅かったかは結果オーライです。
その道中の霧です。
b0124685_1921292.jpg

もう一軒、病院のハシゴをして、夕方4時くらいには家に帰り着きました。
家の前の畑にも春が来始めてます、タンポポも準備万端です。
b0124685_1923477.jpg

[PR]
by syunbike | 2009-02-25 19:21 | なんとなく

なまこ

なまこである、全世界でも食べた事のある人の比率は極低いのでは。
しかしこれが旨い、小僧の頃ならまず食べる気にはならないだろう。
スリ大根に辛子、酢醤油、子葱が添えてある、それをかき混ぜてから食べる
コリコリ感があり、ぐにゃぐにゃしてるとも言える?食感。
なまこ自体には味は無いのかな?スリ大根と酢醤油の絶妙な絡み具合です。
b0124685_1882832.jpg

場所は別府、元鶴見のトキワインダの前で居酒屋「隠岐」メンバーは
K氏ペアにS氏ペア、地元のY氏と私の6人で、プチ宴会。
モトクロスの国際A級のY氏、国際B級のS氏に、下手の横好きクラスのK氏と私
技術の差はあれども、好きの度合いは皆負けてない、酒を肴にMX場運営の事
からレース開催の事に、昔の話に盛り上がり、突然議論白熱の不倫疑惑まで?
国際A級は煽るのも上手い、防戦で汗びっしょりのK氏、どうなってしまうのか~
~~でしたが、無事円満解決?でお開きの雨降って地固まる、宴会でした。
私はK氏のサービス精神旺盛のジョークが通じなかったと見たのだが、甘すぎ?
[PR]
by syunbike | 2009-02-22 18:45 | なんとなく

鶴工デザイン展


b0124685_8361184.jpg

毎年恒例の鶴崎工業高校デザイン課展を見に行ってきました、大分市役所横
のアートプラザでは始めての開催でしょう。
真面目にコツコツと課題に取り組んだ様子が伺えます、アッと驚くような新鮮味
が欲しい気がしました。
b0124685_9154392.jpg

弟や娘も卒業生ですが、学校は楽しかったと言います、そんな校風は受け継が
れているみたいで、今年卒業する知り合いの娘さんも、同じような考えの仲間、
世間で言うオタクばかりで個性派の集まりだったらしい。
b0124685_942374.jpg

3年間で憶えた技術はこれからの仕事や趣味で役立つでしょう。
不況な今こそ人材育成が大切です、ガンバレ若者。
b0124685_8363168.jpg



帰りに別府によってチョットした仕事を片付けて信号停車してると、菜の花の向
こうに温泉の噴気が、雨が降ると元気がよくなる。
b0124685_8365213.jpg

春も近い。
[PR]
by syunbike | 2009-02-20 09:12 | 趣味

冬なのに

b0124685_17265517.jpg

本来なら一番寒い季節なのに、春が来たような暖かさ、隣の梅が一気に満開
に。天気も良いしこんな日はバイクに限る、今回はバッグ付きの象さんにカメラ
積んでぶっ飛んできます。

別府から横断道路を登り、志高の入り口から庄内を抜けて直入へ、丁度
今日は行きつけのバイク屋さんの走後会、着いた時には若旦那が先導で
コースを慣らし運転してました。
かなりの枚数撮ったので、明日にでもCDに焼いて届けてあげよう。
b0124685_18285524.jpg

オフロードのコースによって見ると、特任のてるぞう君がタイヤ交換の
真っ最中でした。象さんと並べて記念撮影
体の事、心配してくれてありがとう、今のところ元気です。それでも一寸先は誰
でも闇ですよ、元気なうちにと走り回って後悔のないようにと思ってます。
b0124685_1727115.jpg

久住方面へ走っていると牧草地の入口があったので、お邪魔させてもらう。
北国の人には気の毒なほど暖かくて良い天気、2月なのに大丈夫か地球温暖化!
凍えて走ると思い防寒グローブしてたら蒸れてしまう始末でした。
b0124685_17273083.jpg

今日は三脚持ってきたので、ダッシュで寝転んでオートでパチリ。
見られてたらお笑いです。
b0124685_1728361.jpg

10キロほど走って、竹田~瀬の本線に出る。
右へ曲がって瀬の本方面へ行くとグライダー滑走路の標識があったのでそちら
へ曲がる、2,3キロ行くとグライダーの滑走路横の道路です、ここを車で引っ張っ
てグライダーを上げるのでしょう。
この広い中に誰もいない空間独り占め、贅沢な時間を過ごしました。
b0124685_17284225.jpg

正面は阿蘇の外輪山、振り返ると九重連山、日本離れした良い景色
象さん今日もありがとう。
b0124685_17291330.jpg

[PR]
by syunbike | 2009-02-15 18:36 | バイク

野矢林道

久しぶりにWRに乗りました、さすがにキビキビしてて気持ちが良い
トラビストの裏の林道から塚原を抜けてH林道、水分け峠の先から左に曲がって
野矢林道へと至る。
谷間で日陰が多いので雪がいつまでも残っているんですが、最近の高温のため
か見られなかった。
b0124685_17274175.jpg

野矢林道を出て、九州横断道路の向かいの土手を駆け上がって、廃道状態の
林道を行く、幻想的な光り、エンジンを止める静寂。
b0124685_17275536.jpg

抜けてきた後ろを振り返ると、道らしきかな。
何日ぶりかで人が通った、それまでは獣道、イノシシと鹿に蝶、花札なら私が蝶か?
b0124685_17281617.jpg

冬の林道の方が見通しがよくて走りやすい、寒いけどダートを走れば少しは
温もる、コンビニでオニギリ2個の昼食、ガソリン入れても1000円で遊ぶ。
[PR]
by syunbike | 2009-02-11 18:19 | バイク

淡路へ

墓参りも済ませて11時前に出発して、明石へ淡路には橋で渡るよりフェリーで
フェリー乗り場に停めて、30分ほど時間があったので弁当を買いに街に出てみる。
漁港と市場もあって賑やかだ。
b0124685_14471113.jpg

市場のすぐ横にアーケードの商店街があって、名物のタコも湯がいてそのまま
売っている、オバちゃんの圧倒的勢いを避けながら漁師オニギリと穴子寿司を買う。
フェリーに乗ってから食す、旨かった。
b0124685_14472313.jpg

天気晴朗なれど波高し、風も強い。
髪を逆立ててますが、怒ってるわけではありません。
b0124685_14474142.jpg

下から見るとさすがにでかくて長い、世界一ですね。
b0124685_14475736.jpg

私が淡路にいた36年前はしょぼい松林でしたが、立派な松に成長してました。
それだけ自分も成長したのかな???

ビニール袋に石拾ってます、五色が浜というだけあって、いろんな色の石がある。
b0124685_14481842.jpg

3時過ぎに弟の家に到着、愛犬のごんちゃんになつかれてしまった。
犬猫には好かれるみたいだ。
b0124685_1448379.jpg

月曜日弟は高速バスと電車を乗り継いで神戸支店に出社していきました。
私らは四国を通ってノンビリと帰ってきました、9時にでて夕方6時着でした。
[PR]
by syunbike | 2009-02-10 15:17 | 家族

里帰り

先週末から奥方の兵庫県三木市の実家に里帰りしました。
大分港からダイヤモンドフェリーで神戸へ直行便、夕方7時半に出れば翌朝
8時には着いてくれる、寝ている間に運んでくれます。
朝日が綺麗でした。
b0124685_108476.jpg

舟は新造船みたいで、ロビーもゆったり優雅に一泊船旅、2等ですが。
イチローのサイン入りポスターの前でくつろぐ。
b0124685_109293.jpg

まずは良くお世話になった加古川の親戚のうちに、年寄り組みで話が弾んで
いると、奥方の従姉妹が帰ってきた、この人も私と背丈が同じ位です。
その息子となると190センチ野球部のキャプテンで生徒会長らしい。
新人類は違う。177の私が見下ろされてました。
それよりデカイ2メーター近い大リーガーの中で活躍してる、イチローや岩村の
凄さが分かる。
b0124685_1092241.jpg

夕方に実家に行って、翌朝皆さん打ちそろって墓参りしました。
4姉妹の末っ子が後を取っていて、他の姉妹は名古屋、滋賀、大分と住んでる
ところもバラバラだから実家で会うのも久しぶりでした。
b0124685_10144318.jpg

[PR]
by syunbike | 2009-02-10 10:21 | 家族

竹&木

毎週水曜日は免疫治療の日、大分の病院で注射を打ってもらいに行きます。
たまたま病院の近くの、コンパルホールの道路を挟んで南側、九電イリスの
展示場で、杵築在住の2人の作家、竹工芸の藤原さんと木工芸の矢吹さん
が展示会をしてましたので見学に行ってきました。

矢吹さんは急な仕事が入ったそうで不在でしたが、藤原さんの奥さんが
応対してくれました。
受付して1時間以上は待たされるので丁度良い時間つぶしになりました。
藤原さん、くだらない話に付き合ってもらってすみませんでした。
b0124685_18462091.jpg

矢吹さんのセンスが良いけど重厚な感じの椅子やテーブルに、今まで無かった
小皿やトレイなどの小物類が増えてて嬉しい感じでした。

藤原さんの精巧極まりない竹工芸の作品、海外でも認められた実力です。
ざっくばらんな感じの盛籠など、幅広い作風(素人の私がこんな事書いて良いのかな)
b0124685_18463356.jpg

二人の技を見に行くだけでも良いと思いますよ。
[PR]
by syunbike | 2009-02-04 19:11 | 趣味

ストーンサークル

猪群山のストーンサークルを見に行こうと思ったのは、新聞で松本清張が
邪馬台国の資料として史跡を調べに登ったと書いてあったからだ。
小雨の中赤土の整備されてない登山道を滑りながら苦労して登ったらしい。
裏から回ったので登山道が見つからずに探しているとダチョウを飼っている
牧場?を発見した。何のために???
b0124685_16515712.jpg

30年ほど前は地肌がむき出しだったのだろう、今は歩き易いように偽木の
階段を作ってくれてる、駐車場から1200mの表示でしたが全て登りのため
かなりハードでした。
450mほどの山ですが、駐車場からの標高差は300m位だろう、一段30
センチとしたら、約千段あるわけだ。
b0124685_16522058.jpg

頂上に着いてもストーンサークルは見えない、そこから一旦下ってラクダの
コブみたいな隣の頂上にあるらしい、フェイントかけられたけど気を取り直して
もうひと頑張りしました。
入り口にストーンサークルの看板があり3,4mの岩がお出迎えです。
b0124685_16525288.jpg

頂上には5mほどの巨石が立ててあった、雨乞いなどをしていたらしい、昔は
女人禁制だったと書いてあったけど、山口県からオジサン2人にオバさん6人
の元気なグループが登ってきて、これはシンボルだとかかしましい事。
今そんなことを言ったら、オバサンに日本沈没させられます。
部外者は私一人、で、オバサンにシッカリ記念撮影のカメラマンも頼まれました。
b0124685_16531718.jpg

山頂からは国東の山々が見渡せました。
上りもきつかったけど、下りも足がガクガクして最近の運動不足を露呈しました。
b0124685_16534045.jpg

[PR]
by syunbike | 2009-02-01 17:30 | 風景