楽しいこと,好きなこと


by syunbike

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

五月走

5月の連休に林道を走るつもりでタイヤをT63のオフロード仕様に変えたままに
なっていた象さん、雨で予定変更になっていたので久しぶりの登場。
本格的林道を走りましたが、乗ってる私が駄目でスランプです。
こんな日は無理をせずに花でも愛でながらノンビリ走りましょう。
b0124685_15271361.jpg

昼を過ぎた頃から、由布山に雲がかかってきた、ポツポツと雨が当たり始めた。
先週の二の舞は嫌なので早々と雨宿りに、1時間ほど様子を見て大丈夫そう
なのでヘルメットを被ってエンジン始動、曇ってくると寒いくらいだ。
b0124685_15272873.jpg

下界に下りてくると暑いくらいだった、この時期は着る物が難しい
蒸れるのも嫌だけど震えるのもゴメンこうむりたい、年寄りの我が儘です。
[PR]
by syunbike | 2009-05-24 15:51 | バイク

ラリー昔話

もう20年前になるオーストラリアンサファリ、パリダカほどハードではないけど
一日の設定距離が長くて、それなりに難しいラリーでした。
それに国内のラリーさえ出たことの無い全くのラリー初心者の二人がエントリー
しました。
カオルさんと私、ラリーの知識はバイク雑誌を見た程度で今考えると無謀な事、
当然いろんな珍事件は起こります。
二日目の朝薄暗い中でスタート、何本目かの曲がり角を間違えて次のポイント
は踏み切りだった。マップと数百メーターずれていたけど、ま~~い~かで行った
次のポイントは65キロ先を右、ハスクバーナのオージーと一緒に走る。
所が65キロ地点に来ても曲がり角が無い、ウロウロ探していたらオージーが
間の抜けたトラボルタみたいな顔で目を丸くして、外人がよくやるオーノーの
ポーズをして急に逆戻りを始めた。
b0124685_8215563.jpg

何で?と思い、自分がミスコースしてるのに気が付くのに数分かかった。
私も慌てて逆戻りして、小さな町のガソリンスタンドで満タンにした、2時間のロス。
珍しく大雨が降ったみたいで川が増水してる、川渡りが数本あった、川の中で
水没して放置されてるバイクがあった。
やっとラリーの後ろのほうに追いついてきたらしい、その後は岩山の上り下りが
100キロほど、スピードは上げられない。
次が砂のスラロームのような森林地帯、木を避けながら進む、これもスピードが
上がらず、丘を越えると見通しがよくなった。
上から見ると見渡す限りの大平原に砂埃が数本上がっている、やっと皆に追い
ついた安心感が出て、リタイアの呪縛から解かれた。

この日はナビも難しくて、なぜか藪を抜けて右と思ってたら突然現われた四輪
が左へ行った後ろを付いていったらオンコースだった。
日没になると即真っ暗になる、ミスコースをしたら4輪を待って先導してもらう
ナビがいる4輪はミスが少ない。星の明かりも民家の明かりも同じ明るさで
地平線までプラレタリウム状態、アウトバックの醍醐味だ。
その日は850キロのコースミスコースのおかげで1000キロは走った。夜中の
12時がタイムアウト、2時間前に滑り込みセーフでゴールした。
ゴール近くの小さな部落で道を聞いたけど、英語か何か不明な言葉ジェスチャ
ーでしか理解できなかった。どこかの国から集団移住してきたのだろうか。

カオルさんも、私が迷ってたあたりで苦労したみたいでタイムアウトギリギリで
ゴールしてきた、この日だけでバイクの四分の一がリタイアした。
[PR]
by syunbike | 2009-05-22 08:58 | バイク

キャンプ

なんでもキノコの里キャンプ場で、還暦前のオッサン連中がキャンプをしてる。
草食系の若者より気持ちは若いみたいだ。頭はごま塩ですが肉食系ムンムン
四国から5名、福岡1名、大分5名、合計年齢は天文学的数値です。
私は夜は法事があったので、朝駆けつけ宴の後は確認しました。
b0124685_1535676.jpg

10時過ぎから湯布院の岩下バイクコレクションまで移動する、10分もしない
うちに雨が降ってきました。カッパ持ってきてて良かった。

1950~1980年代のバイクが150台程展示してる、その頃は日本だけで
100メーカーはあったらしい、皆さんツーぶりを発揮してます。
b0124685_1541383.jpg

これはイギリスのトライアンフ、タイガーカブ、昔憧れてました。
こういう粋なアッサリしたバイクが好きです。
b0124685_1542611.jpg

2時ごろまで待っても雨は止まない、皆さんとは方向が違いのでここで別れて
カッパ着て帰ります。
[PR]
by syunbike | 2009-05-17 15:22 | バイク

遠望

仕事を終えて帰りに山がはっきり見えるので、車を停めてジックリと見た。
昨夜からの風のせいか、これだけ見通せるのも最近珍しい。
由布鶴見の左側に見えるのは傾山だろうか、今日は向かい側の四国も
はっきりと見えた。
隣の国の砂埃のせいでスッキリとしない日が多かったから、
久しぶりに会心の景色でした。
b0124685_19322395.jpg

[PR]
by syunbike | 2009-05-15 19:43 | 風景

ビーマー

b0124685_1529944.jpg

正面から見るとエンジンが左右に出張った、一風変ったバイクが好きな
連中をビーマーと呼ぶらしい、BMWマニアの略でしょう。
私もこの1150で3台目、お仲間の一人になれますかな?
b0124685_15581140.jpg


あまりに天気の良い日曜日、最高気温は各地で30度オーバー
風を切って走れば気持ちの良いバイク、信号待ちや車と一緒に走るのは
キツイ。
用事があって別府に行ったけど、あまりの暑さに郊外へ退散
高原の風は気持ちが良い。
b0124685_1531664.jpg

日出生台から耶馬溪を抜け新緑ツアー、院内の道の駅で遅い昼食
出てみると隣に福岡ナンバーのBMWが停まってる。
写真を撮っていたらオーナーが出てきたので、しばし歓談しました。

メカニックのY内さんをご存知でした、GSツーリングの時に呼んでいただき
その時の再会を約束して分かれました。
b0124685_15312789.jpg

私的にはフロントタイヤ、ノーマルの17インチより今の19インチのほうが
走りやすくて満足してます。
今日は200キロほど走りました、パワーに余裕があるので移動が楽です。
[PR]
by syunbike | 2009-05-11 15:56 | バイク

孤の松

決して逞しいわけじゃない、むしろ華奢な部類だろう。
それでも風当たりの強い峠にポツンと立っている、枝ぶりだけは耐えてきた
片鱗が見える、残されたものの強さだろう。

仲間から見ると若造の部類だろうが、チョット苦労はしています。
後100年も経つと一人前の松になり、見栄えもするでしょう。
同年代かと思ったら、あなたの社会では引退の年とか、お若いのに残念。
何代か先の誰かと出会えたら良いですね。
b0124685_16522284.jpg

松ほど長くはないけど、60過ぎからの人生もまた楽しむぞ、脳ミソは若いまま
自分は見えないのでカガミの無い世界で、自己満足ですな。
[PR]
by syunbike | 2009-05-08 17:16 | なんとなく

諸塚

レースが終わって自分の時間です。
今回は象さんで林道をと思いタイヤまで交換していましたが、あいにくの雨。
奥方の機嫌が悪いので、仕方なく車にWRを積み込んで、となりました。
天気予報の通りに南に行くほど雨が強くなってきた、車で正解でした。
日の影から六峰街道を目指します、町外れに廃線になった高千穂鉄道の
鉄橋が残されてました、諸行無常の感あり。
b0124685_1815296.jpg

オートキャンプ場があるので覗いて見ましたが、どうも気が進まない。
展望台の駐車場にトイレがある、今日の宿はここに決めた。小雨模様なので
シートで屋根作り、お湯を沸かしてカップ麺と、小さなワインにオニギリで
晩酌、D門くんからTELが入る、すでに手遅れ山の上です。今日は車中泊。
b0124685_1831652.jpg

早く寝たので目覚めは早い、オニギリにドンベエキツネ蕎麦ですませて
ひとっ走り、宮崎の林道はよく整備されているので、自分の所在さえシッカリ
掴んでいれば、ある程度カンで走ってもどこかに出る。
周回して帰ってこれるので便利です。
買い物ついでに諸塚の商店街(100mくらいですが)まで降りていくと、街角の
スーパーが無くなってる。いつも食事をしてた食堂も無い、数年前の集中豪雨
の被害は大きいかったのを実感する。
b0124685_1835043.jpg

何で山に走りに行くのって聞かれます。
スキーが好きな人がゲレンデに通うように、林道でスライドコントロールが
楽しくて山に通うのと同じと思うのですが、それでも一人なので安全運転です。
(転ばない運転です)
b0124685_184782.jpg

見捨てられた展望台に到着、昔は木造の建物があったのでしょう、
立派な基礎だけが残されてます。ツワモノどもの夢の後ですね。
b0124685_1843951.jpg

北九州ナンバーの同年代オフローダーに遭遇、バイクの世界も高齢化か。
地図を見合って所在の確認、後で気が付く写真を撮り忘れた残念でした。
その後で撮った写真、下のほうには学校が見えます、アザミもなかなか。
b0124685_1852164.jpg

11時頃まで走って、帰る途中の阿蘇、根子岳です。
夏のような雲が、雷鳴が聞こえます。暑い夏もすぐそこまで来てます。
b0124685_1855597.jpg

[PR]
by syunbike | 2009-05-05 18:38 | バイク
2,3日はバイクレースでした。
今回もオフィシャルです、エントリー数も去年の秋と同じ位、でも今回は
北側に数百メーター距離を伸ばしたので、ラップタイムで1分は伸びました。
それで週階数は前回よりかなり減るでしょう。
ブルドーザーの仕事は増えました。
b0124685_17164148.jpg

その北側のUターン地点です、通称蛸壺コーナー。
オブジェが出来てます。
b0124685_17165595.jpg

レースが始まり続々と回っていきます。
b0124685_17173693.jpg

勢い余って海にまで、豪快に水しぶきを上げて走るマシン。
b0124685_17183430.jpg

あまりに波打ち際を走ると、打ち寄せる波でさらわれる事も
仲間が助けに来ています、けっこうBクラスで上位を走っていたのですがエンジンは
復活しませんでした。
ビデオは電池切れでしたが、カメラで証拠写真、しばらくは笑わせてもらいます。
b0124685_171916.jpg

Aクラス上位の選手です、右端の優勝は川野選手46周走ってブッチギリでした。
レーサーではなくて市販車を改造した物、WRの潜在能力は高いですね。
b0124685_17192482.jpg

[PR]
by syunbike | 2009-05-03 20:59 | バイク