楽しいこと,好きなこと


by syunbike

米寿祝い

b0124685_16381628.jpg
本人は年を取ってることを謙遜して86歳にもなってしもうてと口癖ですが。
実際は自分の記憶より2歳年上の88歳ですよ。
そんな母親の米寿の祝いを、太っ腹な姉の招待で糸が浜のホテルで
おこないました。
このホテルも厚生年金で建てられて、先日競売で落札されて
年末には名前が変ってるはずです、箱物行政の末路です。


働いている人もそのまま残れるみたいで良かったですね。
料理を運んできたオネエサンが丁寧に説明してくれますが馬の耳
久しぶりの生ビール旨かった。
b0124685_16361275.jpg

肝心の本人の写真を撮り忘れた、米寿ですのでそれなりに想像してください。
[PR]
# by syunbike | 2009-09-04 16:47 | 家族

ドカティ

昼飯食って、うつらうつらとまどろんでいたら、ドロッドロッドロッっと乾いた
Vツインの排気音がして、事務所の前で停まった。
ドカッティだろうなと思ったけど乗ってる人物に心当たりが無い。
友達が新しく買ったのを見せびらかしに来たのかなと思い出てみると
8月分の請求書を持ってきた大工さんだった、そうか彼が乗っていたんだ。
b0124685_14102880.jpg

しばらく事務所で仕事やバイクの話で盛り上がる。
ドカッティはイタリア製で空冷L型ツイン900ccで無駄を省いた
レーサーに保安部品をつけたような究極のマシンです。

国東まで行くというので、ツーリングに丁度いいルートを教えてあげた。
b0124685_14104157.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-08-31 14:29 | バイク

秋雲

昨日から風が爽やかになった、日差しは夏のままだけど空気が違う。
随分ご無沙汰のWR君、心配したけど始動は一発でオッケー。
近場の林道を走ってみたけど藪すぎて道がどこにあるか分からない
ショートカットして整備された林道に出ろうとしたら、道路横に溝が掘ってある
巾も深さも1メーター程、素掘りなのでV字溝、下りの先の溝なので難しい。
誰かといたら失敗しても助けてくれるのでジャンプ一発チャレンジしますが
今日は一人なのでバイクの横で押す格好でクラッチを一気につないで
アタック、上手い事前輪が超えてくれた。今日一番のピンチでした。
ホッとして空を見ると秋の雲です。
b0124685_16381690.jpg

高原の日陰で昼食のコンビニオニギリを食べてくつろいでいると
赤とんぼがとまりました。季節は秋色に変ろうとしています
b0124685_16382923.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-08-23 16:56 | バイク

セピア旅

実家を壊す前に運び出していた、膨大なアルバムの数々を整理して
弟も帰ってきてるので必要な物は持って行ってもらう。

その中で私が自転車で大分から東京まで行ったときの写真が1枚出てきた。
37,8年前の写真だ、自転車は写ってないけど、京都か奈良のお寺で撮った
一枚だ、モノクロだけど日に焼けて真っ黒なのは良く分かる。
一日200キロ以上走っていたので、足は逞しい、一番疲れを知らない時代です。
諦めていただけに嬉しい一枚だ、親元にあったという事は手紙に入れて
送ったのだろう。
b0124685_944481.jpg

その一年後、神奈川の大和でモトクロスをやってた頃の富士スピードウェイの
パドックだろう。
一緒に写っているサングラスは同じ大分出身の出口君、当時は座間の
ニッサンに勤めてました。今では宇佐で板金塗装の工場をやってます。
b0124685_945386.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-08-14 10:05 |

ジェットスキー

12日に親爺の初盆をすませて、弟一家も関西から帰ってきてるので
昼は例の西大分のレストランで食事会をすることにしました。
お盆のラッシュにかかるといけないと判断して速めに出たら、日頃より空いてる
予定より30分も早く着いてしまった。

暇つぶしに港を見るとユニック車に積んできたジェットスキーを海に下ろしてる、
応援に一台駆けつけて、無事下ろして待ってる連中に合流。
b0124685_1341074.jpg

4台で港の外に出て行ってしまった。バイク感覚みたいなので
乗りたいなと思った時期もありましたが、維持費がかかりそうなのと
楽しいのは夏ぐらい、秋になると寒そう、とかなんとかで断念した。
バイクほど強烈に乗りたいという意思がなかったということです。
b0124685_13411434.jpg

一人で行動すると何かあったとき、チョットしたトラブルでも人に迷惑掛けそう。
単独行動厳禁なスポーツですね。

今回は12人+赤ちゃん2人の大所帯でした。
b0124685_15514616.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-08-13 13:58 | 趣味

食事会

b0124685_166543.jpg

工事してたお店がオープンして丁度一週間が過ぎました。
家族で食事会ということで、娘夫婦は坂ノ市から、次男夫婦は体調不良で
残念ながら不参加でしたが、私の姉と奥方とで大人5人子供1人です。
開店と同時に押しかけてお客がいない間に店内見学してました。
b0124685_1672319.jpg

料金はファミレス並みの安い設定ですが、料理は本格的手作りのこだわり
私は運転しないのでビールを2杯、娘の旦那も運転は任せてビール2杯
姉は赤ワインとディナーの雰囲気で。
b0124685_1673330.jpg

まだ宣伝はしてないそうですがお客の入りは良いみたいで安心しました。
オーナーは接客業の厳しい世界でもまれてきてたので大丈夫でしょう。

場所は別大国道を大分に入って最初の信号を左折して、50mほどで
右折します、国道と平行して走ること500m倉庫風テナント街の東の端です。
駐車場からは大分港が目の前にフェリーも見えます。
[PR]
# by syunbike | 2009-08-09 16:54 | 家族

初水遊び

それにしても昨日はくたびれた、山口県小野田にある巨大ショッピングモールの中に3x8mくらいの小さなコーナーを設置する為に、横の倉庫で大工さんが作った焼き鳥ブースや、別に家具屋が作った売台をトラックに積み込んで、家を出発したのが夜の7時前、行き先は150キロ先(今日中に終わればいいが)

現地に着いたのは9時半、私と大工3人と元請の担当に店の責任者で運んで組み立てて、休む暇もなく働いて夜中の1時半で終了した。そこから帰りが3時間、帰って風呂を浴びて寝たのは5時前か、11時過ぎに目が醒めて昼食兼朝食、それでも疲れは抜けてない。

しばらくすると奥方が遊びに来てる孫を水浴びさせるという、浮き袋に水を入れて適度にお湯も入れて寒くないようにして、初屋外ヌード、モザイクが入らないようにタオルでカバーする。
これ以上無いピチピチに爺さん満足。
b0124685_18191581.jpg

この後夕方5時まで爆睡してしまって、せっかくの天気の良い日曜日だったのに寝て過ごしてしまった。
[PR]
# by syunbike | 2009-08-02 18:21 | 家族

夏、、だよね。

別府は海から急激に高度が上がってるので、天気が悪いと霧が出ます。
景色の良い所は霧が出るとも言われますので、確かに景色は一級品です。
しかしいくら景色が良くても見えなくては話にならない、雨の日来た人ごめん
なさい。
おっと~~、中身がズレタ、今年の夏どうしたんでしょうか、太陽が出てこない
横浜(旧大洋)の勝率より悪い(例えが古い)、梅雨も明けないし予報官泣かせ
のグズグズ型で秋まで行く?
b0124685_1924933.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-07-29 19:41 | なんとなく

東京タワー

昨日で病院の検査は終わって今日は帰るだけ、丁度たびちゃんも東京から
大阪に本拠地を移したのに東京にいて、11時に待ち合わせ、食事をして
プチ観光とあいなった。
大昔東京に住んでた事もあるし,何度も来たけれど登るのは初めてです。
b0124685_9475514.jpg

タワーの真下の広場では猿回しの大道芸のオネエサンが奮闘してました。
猿はどうでも良いから、オネエサンをアップにしろ。旦那~次でご勘弁くだせ~
b0124685_9481936.jpg

綺麗な外人さんがこっち向いてたんですが、デジカメの奴がシャッター押しても
すぐ降りませんで、横向いた頃ガシャなんて言いやがって、ピントがずれてて
ごめんなさい。
b0124685_9483460.jpg

東京タワーって昭和がそのまま残ってて、レトロな感じがしました。
今のままでも観光客が来るから良いのでしょうが、何かインパクトが欲しい。

たびちゃん時間つぶしに羽田まで付き合ってくれました、明日から東北北海道
だそうで、ぶらり旅羨ましいです。

東京では青空が見えましたが、空港が近づくほど悪天候になってきた、北から
着陸しかけたけど豪雨の為一度大分市方面まで飛んで南側から無事着陸
しました。
娘が住んでる大分坂ノ市が眼下に見えました。
b0124685_9485889.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-07-26 10:02 |

日食

皆既日食は見られないけど90%まで欠けた太陽が見られるので期待していた
が、朝目が醒めるとかなりの雨が降っている、仕事に出かける頃になると一応
やんでいた、それでも雲が厚いから無理かなと思ってたら、
あたりが薄暗くなってきた、雲が邪魔だ太陽は見えない、現場用デジカメで
チャンスを待つ、すると雲の切れ間から三日月形の太陽が見えた。
雲のフィルターのおかげで肉眼でもはっきり見えた、よかった。
b0124685_18243882.jpg

次回は26年後らしい、85歳になる、そこまで生きてる自信は無い。
[PR]
# by syunbike | 2009-07-22 18:34 | 風景

昭和の街

杵築市が別府大分方面からの国東半島の入口なら、丁度反対側の北九州、
中津方面からの玄関口になるのが豊後高田市です。
近年、昭和の街として売り出し中、次の工事の昭和っぽい建物の注文を受けて
参考資料になりそうな建物は無いか写真を撮りにいきました。
b0124685_16341980.jpg

この日は猛暑で、麦藁帽子にクビからタオルのスタイルで歩き回りました。
ボンネットバスが綺麗に復活してました、横のステージではなにやらイベントが
駐車場は満杯で、思った以上に賑わってました。
b0124685_1635219.jpg

昭和っぽいイメージとかいうのは難しい、和風でも洋風でもなくて中途半端が
昭和なんだな、開き直って自分なりのイメージで描いてみましょう。
b0124685_16382617.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-07-20 16:53 | 建築

神戸から

神戸からkayさんのお友達が遊びに来てくれた、このスポーツカーをぶっ飛ばし
てである。
団塊世代はオバサンも凄い。
b0124685_19292742.jpg

バイクの後ろに乗りたいというので、安定感のある象さんにお願いした。
ちょいと城下町散策としゃれこみ、始めて乗ったそうでたいそう感激してもらい
ました。
b0124685_19294358.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-07-18 19:42 |

単走

最近は日曜日の回ってくるのが速い、今週は朝からいい天気だ。
BMWのロックスターでお出かけ、とりあえず大分の現場に立ち寄る。
うちは内装と外部のタイルが残ってるくらい、今日は厨房器具の人が
仕事に出てるくらいでした。
b0124685_1583549.jpg

高崎山の裏の狭い道を走って鳥越峠に出て、そこからまた狭い道を走って
志高湖のほうに、一度横断道路に出て塚原から安心院に行く途中です。
木立の間のヒンヤリした空気、マイナスイオン充満してます。
b0124685_1584850.jpg

谷間の風景はまるで日本昔話の世界みたいで癒されます。
交通量の全く無い田舎道をマイペースで走ります、道の駅「安心院」で
鳥の炊き込みご飯弁当を頂きました、プラスチック容器だけになってから
写真を撮り忘れたのに気付きました。
田舎の素朴な味で美味しかったです。
b0124685_159032.jpg

120キロほど走って帰りました、気ままなツーリングです。
[PR]
# by syunbike | 2009-07-12 15:35 | バイク

孫と象さん

天気予報では雨は降らない、、、しかし朝起きると小雨状態で止みそうに無い。
我が家はトタンを叩く雨音で雨量まで分かるハイテク家屋、寝ながらにして分る。
仕方なく現場めぐりは車で行って、昼飯の時間くらいになると空が明るくなって
やんでいる。
最近ご無沙汰の象さんを引っ張り出して、雨が降ったらすぐ帰れるように近場を
走り回る、安岐の実家の状態を見に行って、戻る途中に15年前に建てた住宅
のトイレのタンクに入る水が止まらないというので、修理に立ち寄る。
チエンを伸ばして一件落着,サービスですと言ったらお礼に桃を頂いた。

家に帰ると孫がお出迎え、貰った桃を食べさせてあげる。
その前に乗車してゴキゲン、ジイサンの血を引くかな。
b0124685_18354572.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-07-05 18:56 | 家族

夢空間

ヨーロッパのどこかの街角の店みたいだけど、現実は大分のシーサイドです。
それでも実際に海外旅行にいける人は一握りでしょう、行きたいけど行けない
人が、ウソの世界でもそこにいる間は現実からはなれて、自分の夢の空間に
なれれば、そんな突飛な物が出来れば成功です。
b0124685_18464750.jpg

建物としてはかなり面白い、後は人間でしょう。
落ち着いてユックリ出来る雰囲気を作って欲しい、大人な店になればと思って
ます。内部はもう少し、黄色にシートを張り込めば落ち着きます。
b0124685_1847054.jpg

明日からは外部に取り掛かります。
[PR]
# by syunbike | 2009-07-02 18:58 | 建築

天気まで

雨模様で目が醒めました、天気が良ければ日曜日くらい現場にバイクで
行こうと思ってましたが、雨で断念。

現場もいよいよ仕上げ段階、昨日からタイルを張り始めました。
さすがに打ちあがってきます。
b0124685_18492294.jpg

打ち合わせが済んで外に出ると朝の天気がウソみたいに青空が出てます。
昼からは久しぶりのバイクだなと思いながら別大道路、今日は日曜なので
周りのペースが遅いとメーター見たら80キロ、いつもだと一番遅い車です。
今日はチョット速い部類でした。
b0124685_18495537.jpg

昼からはバイクで軽快に、安岐の実家の様子を見てから大田村、山香を経由
して経塚山の電波塔で記念撮影。
b0124685_18501847.jpg

そのまま帰るには速いのでお友達の家へ、バイクが珍しいのかネコ君
探りを入れてます。エンジンやマフラーが熱いので、こいつ何者って
かんじでしょうか。
b0124685_1850393.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-06-28 19:05 | 建築

カフェ続く

隠居どころか、結構忙しい、顎しか動かさないと決めてもつい、、、、、。
2階の二つ並んだ小さなアール窓には、開きの格子窓がつきます。
中央の広いアールには手摺がついてアクセントを、大きな丸太の柱は
以前の店に使われてたもの、廃棄するには惜しいのでもうひと頑張り
今回は主役クラスの扱い。
b0124685_18171715.jpg

外が賑やかなので、見るとフェリーが方向を変えて出て行くところでした。
上の壁には漆喰を、下のアールの部分はタイルを貼って、ここはヨーロッパ?
と勘違いしてもらう作戦、後半月もすれば大変身します。
b0124685_18175081.jpg

遊んでないのでネタ不足です、ご容赦。
[PR]
# by syunbike | 2009-06-22 18:30 | 建築

カフェ

久しぶりにお仕事でも、場所は西大分港の昔フェリーが着いてた岸壁が500m
ほど東に移動して、使わなくなった古い倉庫をレストランやブティックに改造して
オシャレなショッピングモールになります。その東の端をカフェ&レストランに内
装工事の真っ最中です。
b0124685_19234163.jpg

海までには芝生が敷かれて歩道や自転車道も散歩やデートコースにピッタシ。
沖には次のフェリーが待機してます。
b0124685_19235744.jpg

新しい乗り場になったダイヤモンドフェリー、サンフラワー出港に向けて次々と
車が乗り込んでいます。
b0124685_1924784.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-06-17 19:38 | 建築

ひさし走り

ほぼ一ヶ月ぶりでしょうか、午前中は実家の荷物を運んでお役をすませて
午後は放免になりましたので、いざ出陣です。
軽い服装でチョイト走り、車の多いR10から外れて山手に登り始めると本領
発揮ヒラリヒラリと軽快に高度が上がれば涼しくなる、薄手のジャンパーでは
寒いくらい。
気分よくストレス発散、寒くならないうちに帰還しました。本日走行120キロ。
b0124685_2012399.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-06-14 20:21 | バイク

花公園

食事を済ませて再びドライブへ、阿蘇の絶景ポイントの定番、大観望へ行って
みる。珍しいバイクが見たいならここに来れば叶うでしょう、そのくらい多い。

ホテルにチェックインするには速いので、チョット行き過ぎて花公園で時間調整
を。丁度咲き始めのシーズンなのか充実してました。
b0124685_18361875.jpg

ポピーに負けじと〇〇桜、大健闘です。
b0124685_18365047.jpg

丘の上ではこんな光景も、若いとは素晴らしい。
違いの分かるCANON,IXYでした。
b0124685_18374080.jpg

今日は九重の山開きの日でもあったらしい。
下界からでも尾根伝いにミヤマ霧島のピンク色がうっすらと見えました。
山の上ではさぞ綺麗だったでしょう。
b0124685_1838150.jpg

5時前にホテルにチェックインしました、ロビーの外の庭から阿蘇方面が目の前
に見えます。横が共同の露天風呂です、そこからも同じ景色が堪能できます。
b0124685_1841143.jpg

食事も手の込んだ料理が出てきました満足です。
今回は子供達のプレゼントでホテルという贅沢でした、何時ものレースの時なら
車中泊キャンプで宴会が常套手段を星の数ほど経験してますが、オシャレに過
ごすのもたまには良いでしょう。
[PR]
# by syunbike | 2009-06-09 18:50 | 風景

BEARです!

子供達が、母の日&父の日プレゼントとしてホテル一泊をプレゼントしてくれた。
土曜日泊だと気ぜわしいので日曜日泊にしてもらった。
よっぽどバイクで行こうかとも思ったが、月曜日の朝一別府の仕事が忙しいので
別府のビルの駐車場に私の仕事車は停めておくことにした。

別府を10時に奥方のカリーナでドライブに出発。
明礬から塚原を経て日出生台の横を抜けて210号腺の九重庁舎前の物産館
で休憩しながら小国方面へ、同年代のバイクライバルが酔狂にもお山のテッ
ペンでレストランをやってる、そこで昼食です。
b0124685_19144646.jpg

玖珠からの387号線も綺麗に拡幅されて、順調に走れます。
途中からハゲの湯方面に向かい黒川温泉に抜ける、ファームロードを走ります。
ファームロードの一番高いところからチョット黒川よりにベアーの看板が出てる、
砂利道があったりして、大丈夫かなと思わせた頃に到着です。
b0124685_1915183.jpg

いましたいました、健在です。お客がいたので挨拶もそこそこに、バルコニーの
テーブルに席を取りました。
目の前には阿蘇の外輪山が靄がかかってうっすらと見えます、聞こえるのは
鳥の声、カッコウが鳴いてます。
注文したのは和風ハンバーグステーキ、ご飯にはカレーが小さなカップで付
いてきてますので、かければまた美味しい。
b0124685_19153449.jpg

ギャラリーはといえば、てふてふくらい、浮世を忘れます。
心地よい風に時の経つのも忘れてボ~~~っとできました。
b0124685_19155946.jpg

プチ旅行の昼飯編です.
オーナーはウダジョウジ、芸名みたいですが本名でしょう、オーストラリアや
ネバダ、パリ北京などのラリーに参加してます。
こういう店を探して食事に行くのも面白いですよ、このブログの記事で辿り着け
たらアナタはエライ。
[PR]
# by syunbike | 2009-06-08 19:50 | 食べ物

ツーユー

5月は晴が続いた天気も、6月になると雨が多くなってきた。
そうなると正直なもので出番です、雨がお似合い紫陽花さん、気がつかないうちに
結構咲いてます。

b0124685_16553419.jpg

派手なこの花は、ペチュニアとかいうらしい、いましがた奥方に習った。
念仏のように唱えながら事務所に戻ってメモをする。
途中で他の事でも考えたら、始めて聞いた名前など退化中の脳みそからは
あっという間に消えてしまう。
同じことを二度聞くと恥ずかしいという感性だけはあるみたいで、やや安心。
b0124685_16554575.jpg

つまらないネタですが、孫のぬいぐるみと人形のエテ公が同じポーズで
目の前にいるのを発見、つい二ヤリでした。
b0124685_16555651.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-06-05 17:19 | 風景

原景

外はとってもいい天気、電気の来てない暗い部屋から見ると
映画を見てるような気になる。
遠くに灯台、芝生には子供が、、、、風は強いけど平和です。
b0124685_11554616.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-06-01 12:03 | 風景

五月走

5月の連休に林道を走るつもりでタイヤをT63のオフロード仕様に変えたままに
なっていた象さん、雨で予定変更になっていたので久しぶりの登場。
本格的林道を走りましたが、乗ってる私が駄目でスランプです。
こんな日は無理をせずに花でも愛でながらノンビリ走りましょう。
b0124685_15271361.jpg

昼を過ぎた頃から、由布山に雲がかかってきた、ポツポツと雨が当たり始めた。
先週の二の舞は嫌なので早々と雨宿りに、1時間ほど様子を見て大丈夫そう
なのでヘルメットを被ってエンジン始動、曇ってくると寒いくらいだ。
b0124685_15272873.jpg

下界に下りてくると暑いくらいだった、この時期は着る物が難しい
蒸れるのも嫌だけど震えるのもゴメンこうむりたい、年寄りの我が儘です。
[PR]
# by syunbike | 2009-05-24 15:51 | バイク

ラリー昔話

もう20年前になるオーストラリアンサファリ、パリダカほどハードではないけど
一日の設定距離が長くて、それなりに難しいラリーでした。
それに国内のラリーさえ出たことの無い全くのラリー初心者の二人がエントリー
しました。
カオルさんと私、ラリーの知識はバイク雑誌を見た程度で今考えると無謀な事、
当然いろんな珍事件は起こります。
二日目の朝薄暗い中でスタート、何本目かの曲がり角を間違えて次のポイント
は踏み切りだった。マップと数百メーターずれていたけど、ま~~い~かで行った
次のポイントは65キロ先を右、ハスクバーナのオージーと一緒に走る。
所が65キロ地点に来ても曲がり角が無い、ウロウロ探していたらオージーが
間の抜けたトラボルタみたいな顔で目を丸くして、外人がよくやるオーノーの
ポーズをして急に逆戻りを始めた。
b0124685_8215563.jpg

何で?と思い、自分がミスコースしてるのに気が付くのに数分かかった。
私も慌てて逆戻りして、小さな町のガソリンスタンドで満タンにした、2時間のロス。
珍しく大雨が降ったみたいで川が増水してる、川渡りが数本あった、川の中で
水没して放置されてるバイクがあった。
やっとラリーの後ろのほうに追いついてきたらしい、その後は岩山の上り下りが
100キロほど、スピードは上げられない。
次が砂のスラロームのような森林地帯、木を避けながら進む、これもスピードが
上がらず、丘を越えると見通しがよくなった。
上から見ると見渡す限りの大平原に砂埃が数本上がっている、やっと皆に追い
ついた安心感が出て、リタイアの呪縛から解かれた。

この日はナビも難しくて、なぜか藪を抜けて右と思ってたら突然現われた四輪
が左へ行った後ろを付いていったらオンコースだった。
日没になると即真っ暗になる、ミスコースをしたら4輪を待って先導してもらう
ナビがいる4輪はミスが少ない。星の明かりも民家の明かりも同じ明るさで
地平線までプラレタリウム状態、アウトバックの醍醐味だ。
その日は850キロのコースミスコースのおかげで1000キロは走った。夜中の
12時がタイムアウト、2時間前に滑り込みセーフでゴールした。
ゴール近くの小さな部落で道を聞いたけど、英語か何か不明な言葉ジェスチャ
ーでしか理解できなかった。どこかの国から集団移住してきたのだろうか。

カオルさんも、私が迷ってたあたりで苦労したみたいでタイムアウトギリギリで
ゴールしてきた、この日だけでバイクの四分の一がリタイアした。
[PR]
# by syunbike | 2009-05-22 08:58 | バイク

キャンプ

なんでもキノコの里キャンプ場で、還暦前のオッサン連中がキャンプをしてる。
草食系の若者より気持ちは若いみたいだ。頭はごま塩ですが肉食系ムンムン
四国から5名、福岡1名、大分5名、合計年齢は天文学的数値です。
私は夜は法事があったので、朝駆けつけ宴の後は確認しました。
b0124685_1535676.jpg

10時過ぎから湯布院の岩下バイクコレクションまで移動する、10分もしない
うちに雨が降ってきました。カッパ持ってきてて良かった。

1950~1980年代のバイクが150台程展示してる、その頃は日本だけで
100メーカーはあったらしい、皆さんツーぶりを発揮してます。
b0124685_1541383.jpg

これはイギリスのトライアンフ、タイガーカブ、昔憧れてました。
こういう粋なアッサリしたバイクが好きです。
b0124685_1542611.jpg

2時ごろまで待っても雨は止まない、皆さんとは方向が違いのでここで別れて
カッパ着て帰ります。
[PR]
# by syunbike | 2009-05-17 15:22 | バイク

遠望

仕事を終えて帰りに山がはっきり見えるので、車を停めてジックリと見た。
昨夜からの風のせいか、これだけ見通せるのも最近珍しい。
由布鶴見の左側に見えるのは傾山だろうか、今日は向かい側の四国も
はっきりと見えた。
隣の国の砂埃のせいでスッキリとしない日が多かったから、
久しぶりに会心の景色でした。
b0124685_19322395.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-05-15 19:43 | 風景

ビーマー

b0124685_1529944.jpg

正面から見るとエンジンが左右に出張った、一風変ったバイクが好きな
連中をビーマーと呼ぶらしい、BMWマニアの略でしょう。
私もこの1150で3台目、お仲間の一人になれますかな?
b0124685_15581140.jpg


あまりに天気の良い日曜日、最高気温は各地で30度オーバー
風を切って走れば気持ちの良いバイク、信号待ちや車と一緒に走るのは
キツイ。
用事があって別府に行ったけど、あまりの暑さに郊外へ退散
高原の風は気持ちが良い。
b0124685_1531664.jpg

日出生台から耶馬溪を抜け新緑ツアー、院内の道の駅で遅い昼食
出てみると隣に福岡ナンバーのBMWが停まってる。
写真を撮っていたらオーナーが出てきたので、しばし歓談しました。

メカニックのY内さんをご存知でした、GSツーリングの時に呼んでいただき
その時の再会を約束して分かれました。
b0124685_15312789.jpg

私的にはフロントタイヤ、ノーマルの17インチより今の19インチのほうが
走りやすくて満足してます。
今日は200キロほど走りました、パワーに余裕があるので移動が楽です。
[PR]
# by syunbike | 2009-05-11 15:56 | バイク

孤の松

決して逞しいわけじゃない、むしろ華奢な部類だろう。
それでも風当たりの強い峠にポツンと立っている、枝ぶりだけは耐えてきた
片鱗が見える、残されたものの強さだろう。

仲間から見ると若造の部類だろうが、チョット苦労はしています。
後100年も経つと一人前の松になり、見栄えもするでしょう。
同年代かと思ったら、あなたの社会では引退の年とか、お若いのに残念。
何代か先の誰かと出会えたら良いですね。
b0124685_16522284.jpg

松ほど長くはないけど、60過ぎからの人生もまた楽しむぞ、脳ミソは若いまま
自分は見えないのでカガミの無い世界で、自己満足ですな。
[PR]
# by syunbike | 2009-05-08 17:16 | なんとなく

諸塚

レースが終わって自分の時間です。
今回は象さんで林道をと思いタイヤまで交換していましたが、あいにくの雨。
奥方の機嫌が悪いので、仕方なく車にWRを積み込んで、となりました。
天気予報の通りに南に行くほど雨が強くなってきた、車で正解でした。
日の影から六峰街道を目指します、町外れに廃線になった高千穂鉄道の
鉄橋が残されてました、諸行無常の感あり。
b0124685_1815296.jpg

オートキャンプ場があるので覗いて見ましたが、どうも気が進まない。
展望台の駐車場にトイレがある、今日の宿はここに決めた。小雨模様なので
シートで屋根作り、お湯を沸かしてカップ麺と、小さなワインにオニギリで
晩酌、D門くんからTELが入る、すでに手遅れ山の上です。今日は車中泊。
b0124685_1831652.jpg

早く寝たので目覚めは早い、オニギリにドンベエキツネ蕎麦ですませて
ひとっ走り、宮崎の林道はよく整備されているので、自分の所在さえシッカリ
掴んでいれば、ある程度カンで走ってもどこかに出る。
周回して帰ってこれるので便利です。
買い物ついでに諸塚の商店街(100mくらいですが)まで降りていくと、街角の
スーパーが無くなってる。いつも食事をしてた食堂も無い、数年前の集中豪雨
の被害は大きいかったのを実感する。
b0124685_1835043.jpg

何で山に走りに行くのって聞かれます。
スキーが好きな人がゲレンデに通うように、林道でスライドコントロールが
楽しくて山に通うのと同じと思うのですが、それでも一人なので安全運転です。
(転ばない運転です)
b0124685_184782.jpg

見捨てられた展望台に到着、昔は木造の建物があったのでしょう、
立派な基礎だけが残されてます。ツワモノどもの夢の後ですね。
b0124685_1843951.jpg

北九州ナンバーの同年代オフローダーに遭遇、バイクの世界も高齢化か。
地図を見合って所在の確認、後で気が付く写真を撮り忘れた残念でした。
その後で撮った写真、下のほうには学校が見えます、アザミもなかなか。
b0124685_1852164.jpg

11時頃まで走って、帰る途中の阿蘇、根子岳です。
夏のような雲が、雷鳴が聞こえます。暑い夏もすぐそこまで来てます。
b0124685_1855597.jpg

[PR]
# by syunbike | 2009-05-05 18:38 | バイク